生命保険っていろんな種類があるって本当

Published on Author adminLeave a comment

生命保険の種類と保障
1. 死亡保障2. 医療保障3. こども保険(学資保険)4. 老後/介護保障
一口に生命保険といっても、さまざまな種類の生命保険があるのをご存知でしょうか。でも、どんな生命保険を選べばいいのかは、わかりづらいものです。まずは、生命保険のご加入や見直しを検討する際に、絶対におさえておきたい生命保険の種類と特徴を理解しておくことをおすすめします。自分や家族にぴったり合った生命保険を選びましょう。
死亡保障 - 遺された家族の生活を守る万が一の備え
家族の生活を支えてくれる一家の大黒柱を、事故や病気などで突然失ったらどうしますか?遺された家族の生活費はもちろん、お子様の学費、葬儀関連費用など、何かとさまざまな費用がかかるもの。そんないざというとき、困ったときに、大切なご家族を守ってくれるのが死亡保障です。
2医療保障 - 病気やケガによる治療?入院?手術を保障
病気やがんなどで入院?通院したときに「手術費が高額だったらどうしよう」「治療と仕事の両立ができるかどうか心配」と不安になる方も多いのではないでしょうか?特にがん?心筋梗塞?脳卒中などの3大疾病は、入院が長期化する恐れも。医療保障は、こうした病気やケガによる治療?入院?手術を保障します。
3こども保険(学資保険)- 祝金と養育年金でお子様の成長をサポート
教育資金を定期的に積立てて、まとまったお金が必要になるタイミングで、祝金や満期学資金を受け取ることができるおすすめの保険です。ご契約者の方が死亡されたとき、高度障害状態になったときなど、万が一のことがあった場合も養育年金を受け取ることができ、それ以降の保険料が免除されます。
4老後/介護保障- 質の高い「長生き」を支援する終身保障
長生きすることは喜ばしい一方で、さまざまなリスクが増えます。老後?介護保障のある生命保険にご加入されることで、定年退職後の公的年金だけではカバーできない生活費に備えながら、また、要介護状態になった場合の初期費用にも対応できる一時金を受けとることができます。

私たちの暮らしには、病気やケガ、災害や事故などさまざまなリスクがあります。どのようなリスクに備えたいかを考えて、生命保険の種類を選ぶことが重要です。
また、医療技術の進歩により、以前よりも入院日数が短縮傾向になるなど、今や、治療やリハビリをしながら働く時代に変わりつつあります。病気やケガなどで働けなくなったとき、収入が減ってしまったときでも、毎月のお給料のように給付金が支払われる収入保障タイプの生命保険もあります。もしもの時に備えて、収入保障のある生命保険を検討することがおすすめです。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *