学資保険の代わりに解約返戻金で教育資金や学費に利用

Published on Author adminLeave a comment

低解約返戻金型終身保険を学資保険代わりに活用する場合
・契約の自由度が高く、据え置きによる返戻率上昇が見込め、大きな死亡保障を持つことができるというメリットがあります
・払込期間中の途中解約による元本割れリスクや、子どもの保障がつけられないなどのデメリットがあります。
解約しないで据え置くと返戻率が上がっていく
子どもがもし大学に進学しなかったり、進学時に資金に余裕ができていれば、そのまま据え置くことで、さらに解約返戻金を増やすことが可能です。
例えば据え置いて子どもの結婚資金に…といった選択も可能ですし、さらに据え置いて将来の老後の資金などに活用することもできます。
もちろん保障は、解約するまで続きます。
払込期間や解約返戻金を受け取るタイミングの自由度が高い
例えば将来に備え、子どもがいなくても積み立てを始めることができます。
また、解約返戻金を受け取るタイミングをその時の状況に応じて変えることもできます。
学資保険や終身保険の返戻金はあくまで満期や払込期間満了まで加入し続けることが前提です。

いつもで自由に引き出せることができる預貯金と違い、お金に縛りをかけることになります。

また、保険料の払込満了前に中途解約をすると多くの場合、元本割れとなるリスクもあります。こうした点も念頭に置いて検討するようにして下さい。

学資保険と終身タイプの生命保険の違い
学資保険と終身タイプの生命保険の違い

低解約返戻金型終身保険を活用するデメリット
保険料払込期間中に解約すると返戻金が少ないことです。
低解約返戻金型終身保険の場合、例えば解約返戻金が一般の終身保険の70%などと、低く抑えられているのが一般的です。
子どもを被保険者とした医療保障等はつけられない
基本的に保障されるのは「契約者(親)の死亡・高度障害」のみですので、子どもの医療保障などを付けたい場合は別に医療保険などに加入する必要があります。

学資保険の加入や解約のタイミングに自由が利かず保障が小さい点が気になっている方や、生活が安定していて保険を途中で解約することがない方は低解約返戻金型終身保険を活用する方が向いています。

一方で、将来転職を考えていたり収入が不安定な方には学資保険の方が向いています。他にも途中解約の大きな元本割れリスクを絶対に避けたいという方や、目的がはっきりと「子供の教育資金」と定めており子供が18歳や22歳になるまで期間を決めて貯蓄したい方にもおすすめです。

低解約返戻金型終身保険の特性を活かして教育資金を準備出来ることが理解できても、いまいちどちらがお得なのかわからず迷われてる方もいるかもしれません。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *