一般的に医療保険保障の目安はいくら?医療保険の入院日額給付金

Published on Author adminLeave a comment

医療保険センターの「生活保障に関する調査」によると、「疾病入院給付金の支払われる生命保険に加入」とした人の疾病入院給付金額の平均は、男性で「11,800円」、女性で「10,200円」となっています。
時系列でみると、男性は前回の調査から100円減少し、女性は200円減少しています。
医療費はもともと公的保障で守られています。しかし、100%カバーされるわけではありませんので自己負担は発生します。

たとえば、治療中の生活費や差額ベッド代、医療費の自己負担分、先進医療などは公的保障の範囲外になります。
そこを医療保険でどう備えるかによって、医療保険の
保険料が変わってきます。

医療保険の基本は、入院一日あたりに必要な入院給付金はいくらですか?がスタートになります。
入院給付金日額は高いほど安心感があります。しかし、その分、保険料も高くなるのでほどほどのところで選択しておきたい、とたいていの方が思われます。
実際、病気で入院となったら、どのくらいの出費になるのでしょうか?

普通のサラリーマンが1ヶ月入院して、医療費が仮に100万円かかった場合で計算してみましょう。
高額療養費制度が適用されたとして、
1. 医療費の自己負担分が一日あたり、約4,700円
2. 入院中の食事代(一日3食分)が約1800円
3. 差額ベッド代が平均8,000円
で合計13,700円となります(概算)。

差額ベッド代は必ずかかるというわけではないので、日額5,000程度あれば最低限の入院費用は確保できます。

個室までとは言わないまでも、2人部屋、4人部屋でゆっくり治療したいとなると、8,000円から1万円くらいは準備しておきたいという方もいらっしゃると思います。

また、自営業者の方は、収入がダウンしますからその分を上乗せしておくという方も比較的多いです。
医療保険の条件として重要なものが、
• 「いつから保障してくれるのか」
• 「いつまで(何日間)保障してくれるのか」
です。

この二つの条件は、保険商品によって異なりますし、保険料にも反映してくるので必ず事前に確認するようにしましょう。

《いつから保障してくれるのか》
日本は、高齢化先進国なので、医療費の抑制は国にとって大きな課題となっています。
このことから、入院日数もどんどん短くなってきています。以前は、「5日型」といわれ、5日以上入院した場合、初日~4日までは保険対象外で5日目以降を保障する保険がほとんどでした。
ところが、5日以内に退院する人が増えてきて、日帰り入院も増加してきました。それに伴って医療保険も進化し、1泊2日から保障、さらには日帰り入院もOKです、という保険が主流になってきています。

《いつまで(何日間)保障してくるのか》
1回の入院で給付金が支払われる上限日数は、商品によって決められています。
これも以前は60日から180日程度でしたが、入院自体が短期化するにつれて、30日型が登場しました。支払限度日数も長くなればなるほど保険料は
上がることになります。1ヶ月以内に退院する人は全体の約8割というデータもあります。保険料とのバランスを考えて検討するようにしましょう。
医療保険を考える時、悩んでしまいがちなのが入院日額(入院一日あたり受け取れる保険金額)の設定です。

近年の医療保険は入院日額は5000円か10000円が主流です。

入院日額は10000円にしよう、通院でも給付金を受け取れるようにしよう、がん保険にも入っておこう・・・。その気になれば、保険はいくらでも保障を手厚くすることができます。

しかし、もしもの時の安心が欲しいからといって保障を手厚くしすぎて月々の保険料が増えすぎると「保険貧乏」となってしまい、元も子もありません。

30代で家庭を持ち始めた頃というのはとにかくお金が必要です。

結婚費用や出産費用、マイホームの購入準備やローン支払い、子どもの教育費など、「お金がいくらあっても足りない!」と思ってしまうほどで、月々の保険料支払いもなるべくローコストに抑えたいと考えるのが自然です。

では保険料をローコストに抑えつつ、本当に役立つ安心を手に入れるには入院日額をどう考えれば良いのでしょうか?

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *