がん保険の必要性とがん保険に加入する理由

Published on Author adminLeave a comment

がん保険は解約できないでいる私です。

がん保険に入る理由

家族や親戚にがんで亡くなった人がいる
日本人のがんの発症率や死亡率が高まっている
先進医療など公的医療制度の保障では足りない
治療が長期化した時に費用を支払えるか自信がない
がん保険に入る理由は人それぞれだと思いますが、こういった理由が多いと言われています。

身近な人がガンで亡くなった

色々な理由が考えられますが、家族や親戚などの身近な人が、がんで亡くなっている場合にはがん保険の必要性を強く感じるかもしれません。がんは遺伝病ではなく生活習慣病ですので、基本的にがん家系というものはありません。

がんの発症率や死亡率が高まっている

日本人のがんの発症率や死亡率が高くなっているというのは、間違っていないのですが実は間違っています。発症数や死亡数は増えているのですが、過去と比較して現代人の方が、がんで死亡しやすくなっているというわけではありません。

男女別のガン年齢調整罹患率・死亡率の推移
年齢調整死亡率ではガンの死亡数は減少中
がんの発症率については上がっていますので、昔よりも現代人の方が、がんになりやすいと言えるのかもしれませんが、死亡率の方は下がっていますので、がんで死亡しやすくなっているといわけではありません。

食生活が欧米化した事による影響で、がんを発症する人が増えているという話もありますが、がん検診によって、小さながんを見つけられるようになった事も発症率を上げている要因のように感じます。小さいがんは放っておけば消滅してしまうこともありますが、検査で見つかれば通常は治療することになります。
先進医療など公的医療制度の保障では足りない

がん治療は、先進医療やその他の自由診療を利用することも少なくありません。先進医療や自由診療は健康保険が効きませんので、費用は全額自己負担となります。

先進医療の中には、技術料が300万円に達するものがあります。自由診療の中にも免疫療法などで、1回(1クール)の治療で100万円を超えるものがあります。そういった治療が標準治療よりも効果が高いというわけではないのですが、実際にがんになり、標準治療では治る見込みが無いと言われてしまうと、高額な医療でも藁にもすがる思いで手を出してしまうのです。

がん保険ではがん診断給付金が支払われますし、先進医療の保障も付いています。300万円の先進医療を受ける場合でも、全額がん保険で支払えます。免疫療法を受ける場合でも、がん診断給付金を当てることができます。

治療が長期化した時に費用を支払えるか自信がない

がん治療は、1回の治療費自体が高額になる場合もありますが、治療が長期化することで、トータルでの支払額が大きくなる可能性もあります。

健康保険が使える治療であれば高額療養費が適用されますので、月の負担額は約8万円に抑えることができますが、放射線治療や抗がん剤治療を何ヶ月も続ける事になり、毎月5〜6万円の支払いが発生した場合、果たして支払っていくことができるでしょうか。その間の収入は減りますし、月数万円の負担でもそれが続くと中々大変なものです。

一般的に、がん保険が必要な理由としては、以下の項目が挙げられる事が多いでしょう。
この仕組みは、医療保険と大きな(根本的な)違いと言えます。医療保険には、加入した保険内容に応じ入院給付対象となる日数が定められています(60日、90日など)しかし、がん保険の場合、入院給付金の支払い限度日数という仕組みが基本的にはありません。
※数多くの商品がある為、限度日数を定めている物もあります。この点は、保証内容について確認しておく必要があります。
この支払い限度日数がない制度のメリットとしては、最初に想定していたよりも入院期間や通院期間が長くなっても保証を受けれる点です。がん治療は、長期戦である事が一般に知られている病気だからこそ、腰を据えて、焦らず、じっくりと確実に治療をしていく事が必要です。こうした場合には、この保証制度が安心をもたらしてくれれるのです。
がん保険は、言い換えれば「がんのみを対象とした」保険になります。だからこそ、その保障内容もがんに特化しています。前述でご紹介した「診断給付金」、入院給付金の支払い限度日数がない制度は、がん保険ならではの保障内容です。その他にも、予め特約として放射線治療費用、抗がん剤治療費用、通院費用などを保障してくれるメニューも充実しています。こちらも「がん」専門の保険だからできる事です。
「がん保険」とは「がん」に対して備えたい人(家族が癌にかかったなど)にとっては、有り難い保険制度になるわけです。

いかがでしょうか?がん保険の必要、不必要は、個々人の考え方に応じて、異なってきます。
しかし、昨今の死亡理由としても常に上位に挙がる「がん」だからこそ、予め備えておきたいという方も多いと思います。そんな方の為に「がん保険」の正しい選び方についてご紹介していきましょう。こちらを参考に、自分に合った保険を選んで頂きたいと思います。
がん保険では「診断給付金」という、「がん」と診断確定された際に受け取れる保険金の仕組みがあります。当然ながら、保険会社や加入している保険の内容によって、実際に受け取れる金額は異なりますが、一般的に100万円〜200万円程度と言われています。この制度を利用する事で、ひとまず気を落ち着けて治療に専念したり、収入ダウンとなる生活費の補填を行う事が出来ます。こうした事で、今後の事を考える余裕もでき、早急な判断をする事がなくなります。この結果、完全ではありませんが、ご本人、ご家族の精神的な負担を多少なりとも軽減する事にも繋がるのではないでしょうか?
特に、ご家族を養っている大黒柱の方が、「がん」と診断された場合には、ご本人だけではなくご家族のショックも多大なものでしょう。大黒柱だけに、子供の今後の事、仕事の事、場合に応じては、ご両親の面倒など、一気に押し寄せる不安があります。こうした場合にも、一時金としたまとまった金額を受け取る事で、今後の事を考える手助けになる事は間違いありません。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *